スバル フォレスター(SK型) STI Sportグレードの追加

フォレスターSTI sport 新車情報

スバルは8月25日、人気SUVの5代目フォレスターに新グレード「STI Sport」を追加、発売開始しました。

通常のグレードとはどこが違うのか、地元のディーラーにてお話を聞いてきたので、ご紹介します。
また、現時点(2022年11月月初)での納期についても聞いてきました。
つい最近の様に半導体不足等の影響はあるのでしょうか。是非ご一読いただければと思います。

フォレスターフロント
フォレスターリヤ
スポンサーリンク

海外でも人気のSUV フォレスターの魅力

日本車で人気のジャンルの一つ、SUV。(スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略)

ランクルやハリヤー、エクストレイル等が売れ筋ランキングの上位を占める中、スバルのフォレスターは日本は勿論海外でも人気が高く、スバルの中ではクロストレック(XV)に次いで2位の売上実績があります。(2022年上半期(1-6月)北米販売台数)

その理由の一つにスバルはユーティリティだけでなく、走りの性能も秀逸。

最近では0次安全(静止状態からの安全=見通しの良さ)やアイサイト等の安全機能も充実している点で人気・実績が共にあります。

今回ご紹介するフォレスターは5代目のSK型となり、2022年8月25日にトップグレードの「STI Sport」を新たに発表・販売開始しました。

STIとは
スバルテクニカインターナショナルの略で、レース参戦やそこから得た技術を量産車にフィードバック。カスタムパーツやチューニングパーツの開発・販売だけでなく、今回の様にスバルの最上級グレードの開発も手掛けている。

STI Sport 通常グレードとの違い

【外装】

  • SFRD
    (STIがチューニングしたフロント&リヤダンパー)

フォレスターのサスペンション

日立Astemo製の周波数応答型ダンパーで、細かい振動が多い時は減衰力が低くなり乗り心地を向上。コーナーの旋回など、ゆっくりとした入力には減衰力を高めて腰砕け感を低減。

  • ホイールの塗装がSTI専用
    (スーパーブラックハイラスター塗装)
  • フォグカバー、バンパーガード、ドアミラー、サイドクラッディング、リヤガーニッシュ、ルーフスポイラーが専用のブラック塗装

フォレスターSTI

艶ありのブラック塗装のパーツが所々に装着されています。


【内装】

  • STI Sport用マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • ブラックルーフ&ピラートリム

ブラックルーフ&ピラートリム
WRXにも採用されているブラックのピラーと天井がフォレスター STI Sportにも採用。

  • 本革(ナッパレザー)[ブラック/ボルドーアクセント](レッドステッチ)

STIシート


本革シートリヤ
リヤシート
足元が広くとってあり、レヴォーグやWRXよりも快適な感じがします。

価格の違い

  • STI SPORT 3,630,000円 1.8L DOHC 直噴ターボ “DIT”
  • SPORT 3,355,000円 1.8L DOHC 直噴ターボ “DIT”
  • Advance 3,234,000円 2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)[エコカー減税対象車]
  • X-BREAK 3,135,000円 2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)[エコカー減税対象車]
  • Touring 2,992,000円 2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)[エコカー減税対象車]

 ※(消費税10%込)

フォレスター STI Sportの基本スペック

性能

エンジン1.8L DOHC 直噴ターボ “DIT”
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック
最高出力[ネット]130kW(177PS)/
5200-5600rpm
最大トルク
[ネット]
300N・m(30.6kgf・m) /
1600-3600rpm
燃費◆
(国土交通省審査値)

JC08モード
16.5km/L
燃費◆
(国土交通省審査値)

WLTCモード
13.6km/L
市街地モード
(WLTC-L)
10.3km/L
 郊外モード
(WLTC-M)
14.3km/L
高速道路モード
(WLTC-H)
15.2km/L
出典:SUBARU

寸法・重量・定員

全長×全幅(mm)4640×1815
全高(mm)1715
室内長(mm) 2130
室内幅×室内高(mm)1545×1275
ホイールベース(mm)2670
トレッド[前/後](mm)1565/1570
最低地上高(mm)220
車両重量(kg)1570
乗車定員(名)5
車両総重量(kg)1845

フォレスター運転席

5代目(SK型)フォレスターの気になる点

CB18エンジン
フォレスターエンジン
動力性能は他のグレードの純ガソリンエンジンと同じでした。
油種はレギュラーガソリンです。
バッテリーを見るとアイドリングストップ車用の物でしたので、アイドリングストップ機能が付いています。
フォレスターリヤ2
ラスターブラック(艶消し)のエンブレムにSTIの赤が映えています。ルーフスポイラーが専用品でカッコイイ。

フォレスターのウェザーストリップ
ガラス下部のウェザーストリップ(モール)は艶消しのブラックで、クォーター部分までありました。
フォレスターのラゲッジスペース

ハッチのドアは電動で、SUVらしくラゲッジスペースは広く、STI Sportは520Lとの事。
展示車はスペアタイヤが入ってました。ラゲッジスボード下のスペースは多少犠牲になるものの、パンクに対する安心感は大きいですね。

気になるフォレスターの納期は?

つい最近では半導体不足や新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)の影響で新車の納期が遅延しているニュースを目にされた方も多いかと思います。
人気の車種だと年単位での納車待ちの話も耳にします。


筆者がお世話になっているディーラーで2022年の11月月初の段階で納車時期について確認してみますと、今回のフォレスターSTI sportは大体4か月~半年待ちとの事でした。


店舗によっては既に試乗車が配備されていますのでご希望の車種・グレードがあるかどうか、お近くのお店にお問い合わせの上、遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。

四国スバル 高岡本店さん
メンテナンスは勿論、新車等の写真とか撮らせてもらったり、車についてお話を聞かせてもらったり試乗させてもらったりしていつもお世話になっております。

カーディーラー


愛車をより高く査定・買取してもらうならオークションという選択肢

新車購入が決まった際、今お乗りのお車を下取りに出される時に誰もが思うのが、
「出来るだけ高く売りたいが、色んなお店に査定してもらうのが面倒」

数年前筆者も、査定の営業の電話が1日に何度も(複数社から)かかってきて手間と時間がかかり、
「査定に出す際は依頼先を良く選ばないと…」と思った苦い経験もあります。

そこで、

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

であれば、一般的な買取店よりも多くのメリットがあり、
①自身で車をオークションに出品できるので余計な仲介料がかかりません。
②連絡はSellCaからの1回のみ。査定は1回のみ。しつこい営業は一切ありません。
③面倒な手続きは一切不要で、SellCa上で査定の依頼から売却の手続きまで、すべて完了します。

④オークション形式なので人気の車ですと競っていって買い取り額がより高くなる傾向にあります。
もし査定をお考えであれば一度サイトを覗いてみて下さい。


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました